【デカ過ぎるブタ】春日市の一の谷ラーメンで汁なし大盛を食べてみた



一の谷ラーメンは2022年7月に二郎インスパイア系として春日市一の谷にオープンしました。

福岡市の渡辺通りにあるモツ鍋屋「やましょう」が経営されていて、Googleの口コミ評価が高いので期待して行ってみました。

一の谷ラーメンへのアクセス

西鉄バスで行く場合は大橋駅東口から42番のバスに乗って約30分弱、一の谷1丁目のバス停から徒歩2分くらいです。

店の前のスペースは専用駐車場になっていて、車5台+軽自動車専用で計6台が駐車できます。

まだオープンして半年の新しいお店で、店内はテーブル席はなく、カウンターのみで12席です。

ラーメンはミニから大までの4種類のサイズ

入り口を入ってすぐ右側に自販機があります。

一の谷ラーメン 4種類のサイズ
①麺量 100g、ブタ0.5枚のミニラーメン(780円)
②麺量 150g〜200g、ブタ1枚の小ラーメン(850円)
③麺量 250g、ブタ2枚の中ラーメン(1,050円)
④麺量 350g、ブタ3枚の大ラーメン(1,250円)
※汁なし 100円、極太麺に変更 100円、豚カスアブラ 50円

まずはここで食券を買いましょう。麺量の参考としては次のように案内されていました。
女性で少食ならミニか小、男性なら小または中ラーメンを選ぶといいかと思います。

コール不要の食券への記入制

テーブルの上にある赤ペンで、ヤサイ・アブラ・ニンニクの量を記載します。
サイズはなし・少なめ・ふつう・マシ・マシマシの5つのサイズから選びます。

ヤサイは普通サイズでも250gもあり、マシマシにすると600gというとんでもない量になります(汗)

ニンニクは普通サイズでもレンゲ1杯分もあり、マシマシはレンゲ3杯分にもなります。。。
ご利用は計画的に(笑)

大ラーメン汁なし+極太麺を注文

麺量350gの大ラーメン(1,250円)+汁なし(100円)+極太麺に変更(100円)を、ヤサイとニンニクは普通、アブラマシにして注文しました。

約10分で着丼です。1枚90〜100gもある大きなサイズのブタが3枚でかなりボリュームがあります。麺は茹で後で約500g〜+ブタ270〜300g+ヤサイ250gの合計1kgくらいはあると推定されます(汗)

厚さは1cm以上あります。さらに分厚い端っこの当たりブタも入っていました!

麺は極太麺に変更したのに、そこまで太い麺ではなかったのが残念です。

一の谷ラーメンはカラメの指定ができませんが、ラーメンタレがカウンターに置いてあるので好きな味に調整ができます。

汁なしは味が少し薄かったのでラーメンタレをかけて調整しました。

やはり大ラーメンはボリュームが凄くて完食するのは大変でしたが、30分以上かけて何とか完食できました。量が多過ぎるので大ラーメンは頼むものじゃないです(汗)

一の谷ラーメンまとめ

おすすめ度(☆5が最高) ☆☆☆☆

麺がもっと平打の極太麺が良かったのと、極太麺への変更に100円かかり、値段も高いので☆1つ減点でした。しかし二郎インスパイア系としてはボリューム・ブタ共に申し分ないレベルですので、おすすめできます。

一の谷ラーメン基本情報
営業時間 11:00〜19:00(LO)
定休日 水曜日
公式Twitter https://twitter.com/1notaninonauska

【2023年最新版】福岡市の二郎系ラーメンまとめ

2023年2月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です